注文住宅での最初の見積額を鵜呑みにしてはいけない

テーマは見積もりに移りますが、これについては気をつけなければならない点がが多々あります。まず注意したいのは見積書の金額ですが、この金額では総額に騙されないことです。つまりこれを見て安心してはいけない、ということです。と言いますのは、概してハウスメーカーが最初に見積書として提示する書類は、名前こそ見積書になっているものの、本来の意味の見積書ではなく、言うならば資金計画書である場合が多いからです。その証拠に、これには建物工事費用や付帯工事費用、それに諸費用など、それぞれの小計と合計が税込みで記載されていますが、項目別の内訳は記されていません。実はこの点に落とし穴があるのです。つまり、この見積もりの段階では、何に対して幾らかかるかという詳細な費用に見積もりは分からないのです。

見積もりでは本体工事費以外の工事費に気をつけなければならない

見積もりで特に気をつけたいのは本体工事費以外の工事費についてです。本体工事費とは文字通り住宅本体の工事費のこと指しますから、照明器具やカーテンなどの費用は含まれていません。またハウスメーカーによってはエアコンも含まれないこともあります。それにもっと大きなものとして、住宅の門や塀、あるいはガレージなどの「外構工事」と呼ばれる家周辺の工事費が含まれていないこともあります。もしそうだとすると大変です。なぜならこうした工事費だけでも150万~200万円ぐらいも後で加算されることがあるからです。このように外構工事を最初の予算に入れない手法はハウスメーカーがよく使う手です。最初に見積もりを安く見せるためにあえてこうした方法を使うのです。ですからハウスメーカーの最初の見積もりは決して鵜呑みにしてはいけないのです。